結婚するまでの毎日。

バイト、時々恋愛。結婚するまでの記録。

もしかしたら。

彼氏さんはもしかしたら、

数年前からわたしのことを少しでも

思っていてくれたのかもしれない。

 

5年前にとったプリクラを

見せたら、

 

それフェイスブックに載せてたやろ?

見たことあるって言われて。

 

よく覚えてるなぁ、、

と思ったと同時に

 

共通の友達に、

だれか紹介してって言って、

 

私の名前が出たとき

 

 

もしかしたら私に彼氏がいるかも

しれないから聞いてみるって言ったら

 

彼氏がいてもいいから

紹介して!!

 

って言ってたみたいなんです。

 

なんでそこまでして

紹介して欲しかったんだろ。

 

って、不思議に思ってたけど

 

もしかしたら向こうは、

頭の片隅に少し置いてくれてたのかもしれない

‥なぁ。

 

なんて。